HOME>ホットトピックス>漁船を購入する際には中古も選択肢に入れると世界が広がる

オプションを引き継げる

漁船

中古漁船は新しい漁船よりもメリットが大きい場合も多々あります。その一つが前オーナーの付けていたオプションをそのまま引き継げる場合がある事です。中古なので必ず前オーナーがいるので、そのオーナーが売却した際には付けていた機器をそのままで売却している事が多いです。漁船本体だけでは海に出るのは不足しており、必要機器を購入する必要が別にあります。しかし中古漁船によっては、購入した時点でほとんど必要な機器が揃っている場合も多いので、結果的に安くて済む結果になりやすいです。

納期が早い

漁船

新しい漁船の場合は、製造やオプション取付け等の工程が多いので手に届くまで時間は掛かります。逆に中古漁船ではお店や関連店舗に物があるので、手に入るまでの時間は非常に短いです。店舗に置いていなくても、倉庫等に保管されているので運んでもらうだけです。早く使いたいや、早急に必要な場合にはこの納期の早さは大きなメリットになります。

何よりも試乗が可能

中古漁船は店やマリーナにある事が多いので、実物を見て選ぶ事が可能です。パンフレットやネットで確認するよりも、実際に目で見て確認したり使用感を確かめたりする事は漁船選びでは特に重要です。試乗ができるので実際に扱い、フィット感を確認できます。新しい機器は高性能ですが、自分にフィットしなければ意味はありません。

モデルが豊富

新しい漁船のモデルでは、もう製造されていないモデルも中古漁船なら手に入れられる可能性が高いです。憧れていたモデルやこだわりのモデルがあるといった方には、特に中古漁船は選択の価値は高いでしょう。販売が終了していても高性能で、現在でも人気のモデルはたくさんあります。中古漁船は新しい漁船よりも選択の幅も広いです。

広告募集中